いも揚大福 ぼっちり

bocchiri
味比べセット
名称:芋揚菓子
原材料名:(白)さつまいも(高知県黒潮町産)、甜菜糖(北海道産)、もち米(高知県黒潮町産)、手亡豆餡(北海道産)、水飴、植物油脂、天日塩(高知県黒潮町産)、みりん (愛知県産)
(黒)さつまいも(高知県黒潮町産)、甜菜糖(北海道産)、もち米(高知県黒潮町産)、小豆餡(北海道産)、水飴、植物油脂、天日塩(高知県黒潮町産)、醤油(小麦・大豆を含む)(愛知県産)、黒ごま
内容量:2個入(白、黒)
賞味期限:冷蔵出荷日より20日
保存方法:要冷蔵(10℃以下)
製造者:集落活動センターであいの里蜷川 一般社団法人であいの里蜷川 高知県幡多郡黒潮町蜷川660-1

※開封後、電子レンジ(500W)50秒(600W)30秒
もしくは、オーブントースター1000W~1200Wで2分~3分 温めてお召し上がりください。

栄養成分表示:100gあたり
熱量:267㎉
たんぱく質:3.7g
脂質:3.8g
炭水化物:54.5g
塩分量:0.2g (推定値)
いも揚大福 ぼっちり 由来とこだわり
二昔ほど前、京都北部より伝来したさつまいもを、蜷川の山間にある肥沃にとんだ赤土土壌で一年一年丹精込めて栽培してきました。
水はけのよい土壌で育てたさつまいもは、市場に出回る一般的なさつまいもより大きく立派に育ちます。
掘り上げてからもキュアリング(※土付きのサツマイモを、約35℃・湿度100%の室内に約1週間置き、その後、一気に12℃まで温度を下げ、湿度80%で保存する貯蔵法のことです。 これをキュアリング貯蔵法・キュアリング処理といいます。 キュアリング処理をすると味が深くなり甘みが増します。)を行い、糖度を高める事で蒸かしても食べるもよし、焼き芋として食べるもよし。
まるで干し芋のような濃厚且つ、程よい上品な糖蜜の甘さと、芋本来の風味が口いっぱいに広がり、飽きの来ない、後を引く美味しさが特徴です。
また、希少価値も非常に高く『奇跡のさつまいも』とも言われます。ふるさと納税返礼品にもなっている「蜷川コロッケ(冷凍コロッケ)」にも使用されており、多くのリピーター様に好評をいただいています。
今回の商品は、奇跡のさつまいもを100%使用し、台湾の定番おやつ「地瓜球(ディーグワチョウ)」をイメージし、地元産の米粉、てん菜糖を使用し、カラッと揚げて、さくっともちもちのオリジナルお菓子に仕上げました。
更に、中の餡を干し芋と手芒豆の特製餡を薩摩芋生地で包み込み、二段階の製法で丁寧に製造。サクッとした歯触りと食感を楽しみつつ、程よい甘さと鼻から抜けるお芋の香りをお楽しめる大福に仕上げました。
さつまいもには、カリウム、カロチン、ビタミンC、ビタミンE食物繊維などの栄養素が豊富に含まれていて、小さなお子様からお年寄りまで幅広く愛されております。 また風邪の予防、疲労回復、肌荒れ、便秘にも効果があると言われています。